日本生まれ、米国で育つ。スタンフォード大学の心理学者。
ハーバード大学で心理学の博士号取得。ハーバード大学、東京大学、
スタンフォード大学で教鞭をとる。現在、スタンフォード大学ライフワークス・ファウンディング・ディレクターを務める。
マインドフルネスやEQでグローバルスキルや多様性を高める国際的な専門家として知られ、教育、医療分野を中心に活躍している。著書に、「When Half is Whole」(Stanford University Press)、「Multicultural Encounters」(Teachers College Press)、「多文化間カウンセリング物語 (ナウティブ)」(東京大学出版会)、「アメラジアンの子供たち - 知られざるマイノリティ問題」(集英社新書)などがある。 
Stephen Murphy-Shigematsu
スティーヴン・マーフィ重松

✔ 記憶力とパフォーマンスの向上

✔ 意思決定能力の向上

✔ 免疫力を高め、脳に好ましい変化をもたらす

✔ ストレスを減らし、慢性的な健康問題の改善を助ける

写真をクリック

マインドフルネスを取り入れている企業・学校

Apple, Google, Yahoo! などの欧米トップ企業に次々と導入され、今、話題のマインドフルネス。ビジネスでは自己管理、リーダーシップの世界標準になりつつあります。ハーバード大学やスタンフォード大学などの教育機関でも定期的に取り入れられています。

Apple, Google, Adobe, Ford, Goldman Sachs, Twitter, Facebook, Yahoo!, 

医療保険会社エトナ, 資生堂, スタンフォード大学, ハーバード大学, 東京大学など

瞑想の手法をベースにしたマインドフルネスにより、集中力が高まり、ここぞというときにベストパフォーマンスを発揮できるようになったり、仕事を効率良く進められるようになるといわれています。さらには、ストレス緩和や新しいアイデアの創造ダイエット効果もあると言われてます。アメリカでは10分間のマインドフルネスを8週間行うと、記憶力分析力をつかさどる海馬が5%太くなり、ストレスに反応する偏桃体が5%縮んだという実験結果が出ています。さらには鬱病の治療にも使われています。

シリコンバレーの大企業が取り入れる

今回はスタンフォード大学からスティーヴン・マーフィ重松教授をお招きし、スタンフォード大学やシリコンバレーの企業で取り入れられているやり方を実際に体験します。

MINDFULNESS

             マインドフルネス

<過去開催実績>

2016年12月 東京・飯田橋

2016年12月 京都・京都市

2017年6月 東京・大井町

2017年9月 東京・大井町

会場・アクセス

きゅりあん - 品川文化振興事業団

東京都品川区東大井5-18-1

受講料

Coming Soon

お申込み・受講に関する注意事項

・定員になり次第、受付を締めきります。
・開講後の受講料:お申込みから9日目以降の受講料の払い戻しは致しかねます。チケットを別の方にお譲り頂く事は可能です。(ネット上の転売は不可です)

・受講に際して、講義中は携帯電話の電源をお切りいただくか、マナーモードにしてください。講座の録音、録画、写真撮影はお断りいたします。

・プログラム内容をさらに充実させる為に、講演の様子を主催側がビデオおよび写真で記録させて頂きます。ホームページ等で画像の一部を使用させて頂くことがありますので、あらかじめご了承ください。

Please reload

〒140-0011

東京都品川区東大井5丁目17-2

林ビル4F

 

info@a-z-usa.com

Tel: 03-3450-5222

担当:田中

主催:

AZusa, Inc.

後援:

一般社団法人 日本ポジティブ心理学協会 (JPPA)

​お問い合わせ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now